2008年3月12日水曜日

言い訳と心の関連性について分かったこと

あらゆる言い訳は自分が思いこんでいる自分の能力の反映。

お金持ちになりたくない→自分には稼げる能力がない
偉くならなくても良い→自分には上に立てる能力がない
子供なんて欲しくない→育てる能力がない
平均的な生活が出来れば良い→頑張れる自信がない

そんなわけで、自分を過小評価しても能力は伸びない。というか本来は能力があるのだけど、それが開花するのを阻害してしまう。

しかしこれを書き出していたことによって、今まで自分を悩ませていた問題に気づいてしまった。これはちょっと自分の中でも世紀の大発見!!


人がこういう言葉を発する原因ってのは、自分の失敗を恐れていたり、責任を取りたくないから。でもって、責任を取りたくないってことは、自分の発言に対する責任も取れない、取りたくない。そうすると、自分が原因なのにも関わらず、何か思い通りにならないと周りの環境のせいにしてしまう。自分の責任をとりたがらないから、周りを責めるしかなくなる。で、周りに対して文句ばかり言うようになって自分の問題から目を逸らすので、結局何も解決することが出来ない。だから何も成功出来ないし、何もかも自分の思い通りにならない。


解決方法は
自分自身に責任持つ。
自分自身でやりたいことを決める。
言い訳しない。
自分で決断し自らの責任を負う。

能力がないと不安になっても良い。でも、やってみれば上手く行くことが多いし、やってみることで見えなかった不安の部分が具体的になんだったのかが見えてくる。そうすれば、分からない敵に戦いを挑むことが、姿かたちを持った敵に戦いを挑む状態へと変化する。見えない相手は恐怖だが、相手が見えるなら対処法も考えれば分かるようになる。だから、自分の目標を達成出来るようになる。

自信を持とう。
そして行動しよう。

4 件のコメント:

くりきん さんのコメント...

自分に向けた日記なんだろうが
俺に言われてる様で気分は
良くない。

自分のやってる仕事に対して位
責任とっとるわ!

dkc さんのコメント...

ネット上の意見を読んでいたら、酷くもっともな
正論でさえ、こういう風に考えるのは何か根本に
おかしな原因があるんだろうな。と思っていた。

で、それについて書こうと思ったら結果的に
青天の霹靂で自分に気づきを与えてくれたのが
今回の記事。

なので、お前のことを書いたわけでも一切ない。
でも気になるなら、ここから何を学べるのか、
そして解決するにはどうすれば良いのか?を
考えて行動に移せば良いと思う。

何もしないなら、将来同じことをどこかで言わ
れたり、目にして、また頭に来るだろう。

くりきん さんのコメント...

偉くならなくとも良い
平均的な生活で良い
をイチイチ否定する態度が分からん。

仕事振り自体を非難されたコトは無いよ。

dkc さんのコメント...

良いコメントです。

偉くならなくても良い
平均的な生活で良い

っていうのはOK。それは何も悪いことじゃない。それを望む人がいることで、世の中は助かっている。というか、今までの教育はそういう人間を作り出すことが目的だったから、ある意味社会に適合していると言える。

重要な問題ってのは、

一度そう言ったなら、発言に責任持てってこと。

後になってから、働いているのに収入が低いとか、仕事がキツイとか、政府は何をやっているんだとか、ふざけたこと抜かすなって話。自分の発言と行動を棚に上げて、あーだこーだ文句を言うのは無責任だってこと。

望みを語る権利は誰にでも持っている。そして、このブログではそういうのを応援している。好きなことをやって、好きな結果を手に入れろってことはね。

だからお前が、自分の好きなことやっているのに文句を言われる筋合いはない、っていうのも当然のこと。それに対しては誰もここでは文句を言っていない。その発言に責任を持った行動をとっているならね。

一度こうしたいって言ったのに、そう言う状況になった時にそれが気に入らないからって文句言うのは、自分に何の解決も成長ももたらさないからやめた方が良いってのがここの要点。

その考え方に気分を害されるって言うなら、自己責任を取れないって人間だってことを肯定することになる。それはよろしくない。