2008年11月18日火曜日

ミシュランガイド2009掲載店の発表

ミシュランのウェブサイトでミシュランガイド2009掲載店の発表があったよ。掲載店一覧のPDFファイルはこちらのリンク

個人的に注目したのは、恵比寿にあるラ・ターブル・ドゥ・ジョエルロブションが1つ星から2つ星へのランクアップ。お城みたいなレストランで、土日は予約が全然とれなくて困っております。行きたいなと思って一ヶ月前くらいに電話しても埋まってることを何度か経験済み。
でも、前回記事に書いた六本木にあるロブションは予約が取りやすいのでお勧め。こちらは昨年に続いて2つ星。これにてロブションは2つ星のレストランが2つと、3つ星が1つという、とんでもないお店になっております。

ホテル内のレストラン

ホテルネタが好きなので、ホテル内にあるレストランに注目すると、マンダリンオリエンタル東京に入っている中華料理店のセンス、そしてタパス モラキュラーバーが一つ星で掲載。これでマンダリンはフレンチレストランのシグネチャーと合わせて、ミシュランの星付きレストランが3つに。なんともまあ恵まれたホテルになりました。

汐留にあるヒルトン系の最高級ホテルブランド:コンラッドにあるフレンチレストランのゴードン・ラムゼイも一つ星に掲載。こちらの本家は三つ星なので、2008年度は星がなくて残念でしたが、これでコンラッド内には一つ星のチャイナブルーと言う中華料理店も合わせ、星付きのお店が2つのホテルということに。ただ、ヒルトン東京に入っていた2つ星レストラン21(トゥエンティワン)は牛肉・無農薬野菜偽装事件などを起こしたため掲載から削除されてます。勿体無い話です。

昨年の2007年9月に日比谷にオープンしたホテル:ペニンシュラにある中華料理店「ヘイフンテラス」も1つ星として掲載。ヘイフンテラスは中華にもかかわらずベジタリアン用のメニューを用意しているなど、ちょっと自分には嬉しいお店です(まだ、行ったことはありませんが)。誰か今度一緒に行きませんか?ペニンシュラは他にもチョコレートやケーキなどのスイーツ類が美味しいものが多いので、そちらもお勧めです。クリスマスにいかがでしょう?

マンダリンやペニンシュラと並んで都内の最高級ホテルとなっているリッツ・カールトンでは、昨年に引き続いて日本料理「ひのきざか」が一つ星で掲載。同ホテルには45(フォーティーファイブ)というフレンチレストランがありますが、こちらは星無しのままです。ランチなどは異常にコストパフォーマンスが良かったりしますが。

今後レストランを利用した際には、都度レビューを書いて行こうと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。


ミシュランガイド東京2009 日本語版



ロブション自伝 (中公文庫 B 18-27 BIBLIO)

2 件のコメント:

たかしっと さんのコメント...

はてなのセルクマに吹きました(www

世界一周、いいですねー。
気が早いですが、各地での旅行記を楽しみにしております。

dkc さんのコメント...

セル熊しとくとGoogle検索で上位に来やすいので、やっているだけなんですけどね。

ちなみに、世界一周のお金は結婚式でぶっとぶ予定です。高いよ結婚式、高いよ。