2008年5月17日土曜日

ひのきざか@リッツカールトン東京にてランチ

こちらの記事で書いた大相撲を見に行く前に、リッツカールトン東京にある日本料理「ひのきざか」にて祖父母と昼食を食べた。

ひのきざかはミシュランガイド東京にて星を一つ貰っている日本料理店。案内されたのは眺めの良い窓際で、新宿方面が綺麗に見えた。ミッドタウンは都内で一番高い建物なだけあって、景観はとても素晴らしい。飽きることなく眺め続けていられるし、気持ち良く食事も楽しめる。

自分はベジタリアンなので予約の際に『野菜のみの食事にしてください』と連絡しておいた。出て来たメニューは

・湯葉のあんかけ
・湯葉の刺身
・キノコのお吸い物
・茄子とさつまいも等の煮物や野菜
・ゴマ豆腐のあんかけ
・茄子田楽
・十穀米の雑炊
・甘味フルーツ

ってな感じ。記憶に残るのは湯葉と茄子ばかりといったイメージ。さらにアボガドとか使ってくれたら惚れた。いや、旬のものを使う日本料理を提供するコンセプトらしいので、アボガドが旬でなければ無理か。。。美味しいものが揃う秋に利用すると、とても素晴らしい懐石料理が提供されそうです。


ミスティーク

ところで、帰りがけにリッツカールトンが誇る伝説のサービスの片鱗を味わうことが出来ました。この日の予約の他にも、別の日程に一件予約を入れいたのですが、その件に関して受付の人に、

『別の日に予約をしている件なのですけど、1名追加をお願いしたいんですよ。』

と言ったら、即座に係の人が

「では、8名様を9名様へ変更ですね。かしこまりました。」

と返事をしました。普通だったら「予約を確認致しますので、お名前を頂戴出来ますか?」と質問が来るところを、もう既にどの予約か分かっているというこの気の利きよう。背筋がぞくっとするくらい感動。予約をしてランチを利用しているのでこちらの名前は分かっているとは言え、その利用者のこと(例えばこうした他の予約の件やホテルの利用歴など)をしっかりと把握して対応しているからこそ、こうしてきめ細やかなサービスを提供出来るわけですね。もう他のホテルやレストランとはまるでレベルが違う。。。凄過ぎる。




リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間



リッツ・カールトン20の秘密―一枚のカード(クレド)に込められた成功の法則



ミシュランガイド東京 2008

1 件のコメント:

くりきん さんのコメント...

プリズンホテルのサービスも
最高だよ。

読んでみたら?

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E3%80%881%E3%80%89%E5%A4%8F-%E9%9B%86%E8%8B%B1%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%B5%85%E7%94%B0-%E6%AC%A1%E9%83%8E/dp/4087473295/ref=pd_sbs_d_title_2