2008年7月27日日曜日

横浜中華街

ビールを飲んでフライドポテトを食べながら、のんびりした休日を楽しもうと思っていたわけですが、お勧めとされる店は夜からじゃないと開いていない模様で、しかたなしに中華街をブラブラ。問題は、ベジタリアンにとって中華街で出来ることは殆どなにもないこと。一通り歩いただけで、何も出来ない。

待ち合わせに遅れた弟がやってきた後は、夕食の時間までホテルのラウンジでお茶をしたり、山下公園付近のバーみたいなところで時間潰し。で、思ったことは、横浜は観光客が多く、あまり苦労しなくても客足が途絶えないせいか、都内と比べて酷い店が多い印象。もう二度と行くまい、と思う店も発見できました。やれやれです。

夜は恋人&友人と共にインドカレー。弟も含めて4人いることで、会話もいっぱい楽しめます。しかし、アルコールは誰も一滴も飲まず。ビールくらい飲めば良かったかな。夕食は4人で食べたのに一万円を切る料金。安すぎ。びっくりだ、こりゃ。味は旨味がこもったカレーで、安めのインド料理屋にあるような薄いカレーとは違い結構満足出来るものでした。最後のデザートが濃厚にフィニッシュを飾ってくれたので、腹持ちも良いです。中華街付近で観光した際には、夜に利用するのに良いお店だと思いました。まあ、なかなか行く用事がないのですが。

都内に住んでいると、何事も都内で完結したくなり、横浜に住んでいる人だと、横浜ですべて完結したくなるんだろうなというのは、いつも神奈川に行ったときに思うことです。

2 件のコメント:

くりきん さんのコメント...

横浜は割と十分な発展具合だと思うよ。
街並みも好みだし。

あ、今日はホントご馳走様でした♪

dkc さんのコメント...

一緒に行ったわけだから、あの店の酷さはなかっただろうというのに関しては同意だと思う。

今度はランドマークのロイパかインタコーンチネンタルのバーとかだな。インド料理屋は店員がなんか元気がないけど、味は良いし、水とか無くなるとすぐに注ぎに来てくれるあたりは悪くなかったから、あの辺行ったら使いたい店の一つになったのが唯一の収穫。