2008年2月2日土曜日

リップスティックには鉛たっぷり

http://www.allheadlinenews.com/articles/7008812695

女性の化粧品で毎日消費されるであろうリップスティック。この原材料には鉛が使われている。鉛は呼吸器系統や消化器系統を介して人体に吸収されると、腹痛や貧血などの『鉛中毒』の症状が現れ最終的には骨と結びついて長く人体に蓄積されます。特に幼児の『慢性鉛中毒』は、大脳の成熟障害が強く、精神薄弱や骨発育障害などを引き起こします。で、リップスティックは飲物を飲んだり、食事を食べたりする時に徐々に体の中に吸収されていきます。ある意味、女性は鉛を食べている状態になっているわけです。記事によれば
The testing, conducted by Bodycote Testing Group laboratory, found that the highest levels were detected in products from L'Oreal, Cover Girl, and Christian Dior. The lipsticks were bought in Boston, San Francisco, Minneapolis and Hartford.

訳:ボディコートテスティンググループによって行なわれた実験によれば、ロリエル、カバーガール、そしてクリスチャンディオール(ボストン、サンフランシスコ、ミネアポリス、そしてハートフォードの店舗で購入されたもの)のリップスティックから、特に高い数値の鉛が検出されました。

とのことで、健康に気を使うなら、化粧品にも気をつけなければならない時代な模様です。

1 件のコメント:

くりきん さんのコメント...

その割りに女性の方が
長生きですけど。